「第51回全国中学校相撲選手権大会」で青森県勢選手がベスト16に入りました!

 令和3年8月21日(土)~8月22日(日)、東京都立川市(アリーナ立川立飛特設相撲場)で「第51回全国中学校相撲選手権大会」が開催されました。

 団体戦に出場した鶴田町立鶴田中学校の神 哲平選手、松野 将太選手、福井魁選手、澁谷 太陽選手が見事ベスト16に輝きました!

 「相撲」は、2026年(令和8年)に青森県で開催される「青の煌(きら)めきあおもり国スポ」の正式競技です。5年後に十和田市で行われるあおもり国スポの相撲競技でも活躍を期待したいですね!

 以下、鶴田中学校の各選手からいただいたコメントです!
・神 哲平選手
「中学校では、県大会と東北大会で団体優勝をすることができ、全国大会にも出場することができました。今後は、この経験を生かして高校でも相撲を続け、良い結果を残せるよう頑張りたいと思います。また、5年後に、青森県で国民スポーツ大会があるので、それに出場できるよう稽古に励みたいと思います!」

・松野 将太選手
「今後は、今まで以上に練習に励み、大会で良い成績を収められるよう努力していきたいと思います。また、あおもり国スポに向けて、今までの経験や学んできたこと、努力してきたことを生かして出場できるよう頑張りたいと思います!」

・福井 魁選手
「今後の目標は、高校でも相撲を続け、大会で良い結果を残すことです。中学校では、県大会、東北大会で団体優勝し、全中に出場することができ成長を実感することができました。これからも結果に満足することなく、努力し続けたいと思います。また、5年後には青森県で国民スポーツ大会があるので、全力で練習に励みたいと思います!」

・澁谷 太陽選手
「今後の目標は、中学校最後の1年間、悔いが残らないよう練習に取り組み、大会で良い成績を収めることです。また、高校でも相撲を続けていきたいと思います。また、青森県で開催される国民スポーツ大会への出場を目標に、これからも練習を頑張っていきたいと思います!」



    ※ 大会ベスト16に輝いた鶴田中学校の神 哲平選手(写真左下)、松野 将太
     選手(写真右上)、福井 魁選手(写真左上)、澁谷 太陽選手(写真右下)


→青の煌(きら)めきあおもり国スポ「相撲」について

ページの先頭へ戻る