「令和3年度全国高等学校総合体育大会バドミントン競技大会」で青森県勢選手が3位に入賞しました!

 令和3年8月9日(月)~13日(金)、富山県射水市(アルビス小杉総合体育センター、新湊アイシン軽金属スポーツセンター)で「令和3年度全国高等学校総合体育大会バドミントン競技大会・高松宮記念杯第72回全国高等学校バドミントン選手権大会」が開催されました。

 学校対抗女子では青森山田高等学校が、個人対抗ダブルス女子では青森山田高等学校の大澤 陽奈選手及び石川 心菜選手が見事3位に輝きました!

 「バドミントン」は、2026年(令和8年)に青森県で開催される「青の煌(きら)めきあおもり国スポ」の正式競技です。5年後に黒石市で行われるあおもり国スポのバドミントン競技でも活躍を期待したいですね!

 以下、大澤 陽奈選手及び石川 心菜選手からいただいたコメントです!
・大澤 陽奈選手
「今後のバドミントン人生での最終目標はオリンピックに出場し、世界で活躍するプレーヤーになり、バドミントンの魅力を伝えることです!
 また、あおもり国スポに出場できることになったら、お世話になっている青森県に優勝という形で恩返しできるよう頑張ります!」

・石川 心菜選手
「今後の目標は、オリンピックで金メダルをとることです。青森山田の先輩からも、オリンピックで活躍している選手もいるので、そういう先輩方を目標に、また自分が誰かの目標になれるような選手になりたいです!
 また、あおもり国スポに出場することができたら、青森代表選手として優勝することが目標です。青森開催ということなので、自分が今までバドミントンをやってきた地で日本一をとりたいです。自分のためだけではなく、青森県を応援してくれている人たちのためにも戦います!」


     ※ 見事3位に輝いた青森山田高校・大澤選手(写真右)と石川選手(写真左)


→青の煌(きら)めきあおもり国スポ「バドミントン」について

ページの先頭へ戻る