「令和3年度全国高等学校総合体育大会ウエイトリフティング競技大会」で青森県勢選手が3位に入賞しました!

 令和3年8月12日(木)、福井県小浜市の小浜市民体育館で「令和3年度全国高等学校総合体育大会ウエイトリフティング競技大会・高松宮賜旗 第68回全国高等学校ウエイトリフティング競技選手権大会」が開催されました。

 男子81kg級に出場した青森県立柏木農業高校の齋藤 佳生選手が、スナッチ競技116kg、クリーン&ジャーク競技142kg、トータル258kgで見事3位に輝き、県勢選手としては男女を通じて18年ぶりに表彰台に上りました!

 「ウエイトリフティング」は、2026年(令和8年)に青森県で開催される「青の煌(きら)めきあおもり国スポ」の正式競技です。5年後に平川市で行われるあおもり国スポのウエイトリフティング競技でも活躍を期待したいですね!

 以下、齋藤 佳生選手からいただいたコメントです!
「ウエイトリフティング競技は、勝敗を決める1kgを争う熾烈な駆け引きや自己新記録を出したときの快感や興奮を感じられるところが魅力的な競技だと思います。これからも一つ一つ階段を上っていくように成長していきたいです!」
→青の煌(きら)めきあおもり国スポ「ウエイトリフティング」について

ページの先頭へ戻る